チャットレディは女性ならではのとにかく稼ぎやすい仕事

本業を持っている女性はチャットレディが副業に最適

チャットレディは女性にしかできない仕事で、バイトとしてやっている人もいれば、本業でチャトレ一本でやっている人もいるくらいです。

最近は女性の中でも副業がはやっていて、本業のOLとは別に副業をしている人もたくさんいます。ネットビジネスや投資などですね。

ここ数年で登場してきたものにビットコインやリップルなどに代表される仮想通貨というものがありますが、これらは値動きが激しいので資産を失ってしまう可能性もあるので、慎重にやるべきですね。

他に代表的な女性ができる副業としては、データ入力や細々とした組み立ての内職などがありますが、面倒な割に全然稼げません。

チャットレディはこういった内職的なものと比べると圧倒的に稼ぎやすく、その他のメリットもあふれているので、女性で副業を求めている人はぜひ一度やってみるべきだと思います。

昼間にOLなどをやっている女性にとって、チャットレディという働き方は副業に最適だと思います。

つい数年前までは副業が禁止のところばかりでしたが、今では大企業も副業を解禁しているくらいです。

チャトレとして稼いでいきたいけど、今の本業の会社にばれたくないという人は意外と多いのではないでしょうか。そのために会社にしられずに副業をする方法を解説しましたので是非お読みください。

チャットレディはなぜ副業に向いているのか?

チャットレディは難しいことが何一つない

チャットレディが誰にでも向いているということのひとつに、簡単な操作で完了出来るという点があります。

チャットサイトのチャットレディ専用ページにアクセスしてパスワードとIDを入力することによりチャットレディのマイページに移動出来ます。そこに移動出来たら開始ボタンをクリックすることにより自動的にチャット待機状態になります。待機状態になったら男性ユーザーからのアクセスを待つだけです。

上記のような数ステップで完結するような仕組みになっているので、どれだけメカ音痴な女性でもチャットレディとしてお金を稼げるようになっています♪

他には、チャットサイトやチャットレディ代理店には24時間のサポートセンターがあるので、いつでもどこでもわからないことがあれば、すぐに電話をして聞くことができます。

すぐにお金がもらえる

急な出費でお金がすぐ欲しいとか、給料自体が安いとか、稼ぎたい理由というのは人それぞれですよね。

チャットレディに限らず、副業を考えるときと言うのは、どういうときでしょうか?それはたぶん、給料が安く感じたときとか、ほしいものができたときではないでしょうか。

チャットレディのサイトというのは、日払いで報酬を支払ってくれるところが多くあります。

チャットレディの代理店やライブチャットによっては現金でもらえるところもあります。

一日分の報酬がその日のうちに現金でもらえるなんてこんな画期的なバイトは、お金にピンチな人にとっては救世主といってもいいでしょう。

サポートスタッフがわからないことすべて教えてくれる

通勤チャットレディでも在宅チャットレディでもライブチャット専属のサポートセンターのスタッフからいろいろなアドバイスをもらうことができます。

通勤チャトレの場合はチャットルームに通勤しているので、その場のスタッフにいろいろなことを聞くことができます。男性ユーザーとのトラブルから、なんでも聞いてOKです。

在宅チャットレディでも大手のライブチャットサイトならサポートデスクが充実しているので、聞いたことは何でもすぐ答えてくれます。通勤チャットレディほどの即効性はないと思いますが、それでもかなりはやく返信がかえってきます。

チャットレディの代理店はチャットレディを稼がせようと必死になってくれるのでとてもおすすめです。魅力的なプロフィール項目だったり、自己PRなどを一緒に考えてくれるので、とても役に立ちますし、稼ぎにもつながります。

登録料などが不要

チャットレディは他の副業に比べると初期費用という面でとてもメリットがあります。たとえばカフェなどをオープンしようとしたら100万円以上かかってしまうと思いますが、チャトレなら一切そんな費用もかからずに着の身着のままで副業を始めることができます。

通勤チャットレディだったらパソコンやウェブカメラやヘッドセットなどの料金もかかりませんし、自宅でやるにしてもパソコンがあればそれはそれでいいですが、パソコンがなくてもスマホ一台で働くことができます。

チャットレディの登録自体にも費用は一切かかりませんし、代理店に登録するときも無料です。

チャットレディ代理店にはチャットルームというチャットをする専用の事務所が用意されていますが、そこにはウィッグや衣装なども無料で貸し出しをしているので、ほんとにすべてが無料でお仕事が可能になっています。

対面じゃないから安心して働ける

チャットレディが女性の副業として人気を集めている理由の一つに、肉体的な負担がないというところです。たとえばキャバクラやファッションヘルスなどは男性とどうしても対面で物理的に何かをしなければなりませんが、チャットレディはバーチャル空間でやりとりをしているので、気軽に男性とやりとりをすることができます。

風俗みたいに過酷な接客や、キャバクラみたいなアルコールの摂取などは一切必要なく気楽に働けて収入をアップ出来ます♪

いつでもどこでも働ける

チャットレディのメリットとして、いつでもどこでも働けるというメリットがあります。このメリットは何物にも代えがたいくらい大きなメリットといえるでしょう。

スマホ一台があればネットに接続さえしておけば、外でも働くことができるので、ここまで自由な職業は副業以外だとしても他にはないと思います。

通勤チャットレディをたまにはやってみることにより、新鮮な気分を味わったりもできると思います。

顔バレするリスクはある?

チャットレディをやっていて顔出しありでやっていた場合は顔バレしてしまうのが懸念という人もいると思います。

チャットレディの顔バレに抵抗があるひとは、何がいやと言うよりは単純にバレるのがいやだと思います。

知り合いなどがもしライブチャットをやっていて、顔バレしてしまう可能性は小さくはできても完全にゼロにすることはできませんが、そもそも知り合いがあなたの登録しているライブチャットに登録する確率なんてほぼゼロに近いです。

本業の会社に副業がばれないか?

チャットレディというお仕事は副業に最適な仕事ですが、今現在働いている会社にばれてしまわないかと不安に思っている人もいるかと思います。

副業をやっていて、本業をやっている会社にばれてしまう人の原因としては、副業分の住民税が加算されてしまうことが要因です。

企業が個人に給料を支払うと、もらった個人が住んでいる自治体に給与支払い報告書を提出します。

チャットレディだけに限りませんが、副業をやっている会社からも、個人に対して給与などの支払いをした場合は、支払い報告書を提出するようになっています。

支払い報告が送られてきた市町村というのは、その給料をすべて合算して、本業の会社へ住民税の金額を通知する仕組みになっています。

給与額から算出された住民税の金額というのは、一番支払い給与額が多いところへ送られることになるので、本業の会社へ送られます。もちろんチャットレディなどの副業の方が稼いでいれば、そちらに送られます。

もちろん、納税通知書を受け取った本業の会社というのは、従業員の住民税というのを自分の会社の給与からあらかじめ計算出来ているので、その額と違いがあった場合は副業がバレてしまう可能性があります。

ですが、この本業の会社に通知されるというのは、特別報酬を選択した場合に限ります。普通徴収という会社にばれないようにする方法もあるのです。

副業をやっていることが本業の会社にばれないようにするためには、ものすごくシンプルです。普通徴収にして、自分で住民税を納めるだけです。

普通徴収で住民税を納めることにより、住民税が自治体で合算されて、本業に送られることがないので、まずバレることはありません。

住民税のみになる金額とは

確定申告のサイトなどを見てみると、チャットレディを副業としてやっている場合は、副業の収入が20万円を超えなければ、確定申告不要と言われていますが、これは所得税に対してです。

住んでいる市町村に納める住民税というのは、年間の副業での収入が20万円を超えていなくても納める必要があります。

住民税は確定申告の際に、自分の自治体にチャットレディなどの副業で得た収入を普通徴収で申告することにより自分で納税することができます。

20万円以上稼いだら普通徴収にする

チャットレディをやって副業で20万円以上稼いだ時は、確定申告をするときに普通徴収に設定するだけで会社にばれることはありません。

2月から3月に行われている確定申告の時期に、自分の副収入の申告をすることにより、自治体から自分に直接住民税額の通知書を送ってもらうことができます。

自分の住所に一年間の副業分の住民税の通知書が届くので、本業でつとめている会社にバレることなく納税することができます。

普通徴収が認められないとき

ですが、住んでいる市町村によっては、住民税を普通徴収として取り扱ってくれないところもあります。ですが、これは「給料」という形で受け取っているパートやアルバイトの場合のみです。

チャットレディというのは、他のバイトなどとは一線を画す職業で、ライブチャットサイトや代理店などの会社と雇用関係があるわけではないのです。

チャットレディがチャット会社や代理店からもらっているお金というのは、給与という形ではありません。報酬という形なので、普通徴収ができない給与所得ではないのです。

ですが、市町村によっては副業のすべての収入も特別徴収として納めることを推進しているところもあります。

毎年の確定申告の際に普通徴収の項目に設定したのにもかかわらず、特別徴収で住民税の納付が来たというパターンもあるので、自治体に確認しておいた方がいいでしょう。

ここまでお読みいただいて、女性に人気がある副業としてチャットレディがどれだけメリットにあふれているかをわかっていただけたと思います。

チャットレディが副業で、本業の会社にばれずに稼ぎ続けていきたいというひとは、ぜひ当ページの知識を活用して、うまいこと会社にばれずにチャットレディとして活躍していきましょう!

↑ PAGE TOP